ホーム>エコロジアイズム

エコロジアイズム

アトピーライフ

 私は生まれたときから身体が弱く、湿疹や鼻炎などのアレルギー体質でした。その他、腸も弱くお腹をこわしたり高熱を出したりして、よく学校を欠席していました。母親に聞いたところ、赤ん坊のとき湿疹がひどくて困ったらしいのですが、いつの間にか治まって一安心したとの事です。
 
そしてアレルギー(後にアトピー性皮膚炎と診断された)が再発し始めたのは小学3年生の頃、左手首に十円玉くらいの範囲で小さなポツポツができるというものでした。その後まぶた、そしてひじの裏へと広がり始めたわけです。
 
今思えば病院などにいかず、すぐにでも食の改善をするべきでしたが、当時アトピーに関する情報は少なく、病気になれば即病院、そして処方された薬を言われた通りに飲むというのが当たり前で、親も私も医者や薬に対し何の疑問も抱きませんでした。
しかしそれが後にとんでもないことになろうとは夢にも思いませんでした。
 
皮膚病専門医は当然のことのようにかゆみ止めの飲み薬と、ステロイド軟膏を処方してきました。このステロイドがどれだけ恐ろしい薬かは当然自分自身も……もしかするとその時の医者も、わかっていなかったのではないかと今になって思います。
 
今では広く知られておりますが、ステロイドとは使い始めはきれいに治る??(のではなく消える)のですが、これを使い続けるとどんな事が起こるのか……思い出したくもない地獄の日々が待っているのです。
 
でも、この体験を一人でも多くの方に伝えていくのが私の使命と考えております。
ステロイドは日々、少しづつ身体の中に蓄積されていくことをお分かりいただきたい。
 
私にステロイドの副作用が出始めたのは、使用し始めてから16~7年後くらいたってからでした。ある日突然おでこが真っ赤に腫れ上がり、いつまで経っても腫れがひかないなと思っているうちに、つぎは手の指が二、三倍に腫れ上がってきたのです。指を曲げることも出来ず、仕事どころではありませんでした。
 
この頃はまだ医者を信じ込んでいましたので、人に聞いては次から次へと皮膚科では有名とされる病院を渡り歩きましたが、一向に良くなる気配すらありませんでした。
 
そこでひとつの疑問がわいてきたのです。
 
どの医者も言うことは同じ、出される薬もメーカーが違うだけで結局はステロイドです。もしかすると現代医学ではこの病気は治せないのではないかと……・。そして希望も失いかけていた時ふらっと書店に立ち寄り目にしたのが自然療法、民間療法などの本や現代医学の欠点などが書かれた本でした。
 
何冊か購入し読んでみたところ、あまりの自分の無知さに気付いたわけです。
その内容とは「病気とは人に治してもらうものではなく自分自身で治すもの」、「身体を作るのは食であり、その食が悪ければ必ずなにかしらの歪みが出てくるのは当然のこと!」など、今思えば当然のことですが、恥ずかしいことにその当時はまったく知らなかったのです。
 
とにかくこの最悪な状態から抜け出したい一心で、出来ることは全てと言ってよいくらい、様々な健康法を試しました。食事はもちろんのこと、断食、腸内洗浄、漢方、またアトピーに良いとされる健康食品その他、本当に色々試しました。
 
今まで使い続けてきたステロイドやその他の薬、曲がった食生活(添加物、農薬まみれのジャンクフードに加え暴飲暴食の毎日……)も手伝い、体の中に溜まってしまっていた毒は半端でなかったので、好転反応とステロイドを止めたリバウンドとで、顔と体は腫れ上がり痛みと痒みで夜も寝られず、ノイローゼになるくらいの状態がつづきました。
 
少し良くなったかなと思うとまた腫れ上がるといった症状が一年以上繰り返され、波はありながらも5~6年くらいかかってどうにか良くなり、ステロイドで薄くなってしまった皮膚も回復しました。季節の変わり目や体調の悪い時などには、やはり湿疹が出たりもしましたが、ある程度まで改善しました。
 
ここに来るまでは長く辛い日々でした。時には絶対に考えてはいけない“自殺”なども頭の隅で思ったことも事実ありました。それだけつらい病気なのです。
 
「ステロイドと上手に付き合っていくことが大切です」と言う医者がいるのですが、このつらさを体験している医者は一人としていないと思います。もし一人でもいるのなら、その医者は治らないとわかっていながら「大丈夫、必ず治ります」と嘘を言っていることになりますよね!
 
当たり前のことですが、医者は患者に嘘は言うべきではないと思います。治せないなら「悪いが私には治せない」とはっきり言うべきです。
薬を処方しなければ利益にならないのはわかりますが、病気で悩んでいる人間に対し「商売だから」と割り切るのも如何なものかと思います。
 
もちろん全ての医者がそうだと言うわけではありません。安保 徹先生(「薬をやめると病気は治る」などなど)他すばらしい方々もいらっしゃいます。
また患者は医者ばかりに頼らず、もう少し食への意識を高く持ってその重要性を認識しなければいけないのです。そして医者は専門家として改善へのアドバイスをする、というのが理想の医者と患者との関係ではないかと、私は考えます。
 
もし私がなんの病気もせずに生きていたなら、自然食品とも出会っていないでしょう。アトピー性皮膚炎という辛い体験が、この仕事につながるとは人生とは面白いものだと思います。
言うまでもなく、人生の中で今が一番健康だと自負してます。友人からもよく「若い時より健康だなんてどういうこと?」と言われるくらいです。
 
最後にアトピーで悩まれている方へ一言……。
 
このつらい病気は必ず治ると思います。
その為に、大変重要なことがあります。
 
簡単なようでとても難しいことですが「絶対に治ってやる!」と言う強い意志を持ち続けることです。
この気持さえ忘れなければ、必ず良いことが自分に近づいてきます。
 
また、私がアトピーから抜け出せたのは沢山の方々のお陰です。
もちろん治すのは自分自身ですが、人からの励ましや協力があって、ここまでこれた訳です。
 
後はとにかく1日でも早く対処することです。
アトピーなっている期間が短ければ短いだけ、改善までの期間も短くなります。
(私は気付くのが遅かったので約十年かかりました。)
アトピーのお子様をもつ方々はしっかりと意識を変えて対応してあげてほしいと願います。
 
ecologia オーナー 伊東 俊昭

[終了]えころじあ食育支援キャンペーン

 ※ ご注意ください ※
このキャンペーンはすでに終了しています。
ecologiaの過去の活動報告として、当時の内容を掲載しています。

 

人間の嗜好が、ある程度決まるのは3歳くらいまでとされていて、幼少期の食生活が心身の成長と人格形成に大きな影響を及ぼすといわれています。この時期に確かなものを与え、育てていくことは、子供達そして日本の将来にとって大変重要なことだと思います。

えころじあでは、そのお手伝いをさせて頂きたいと考え、過去にこのような支援活動を行ってきました。
ある程度の条件をお約束していただけるお客様に当店の有機野菜をはじめ、食品から洗剤に至るまで(牛乳・割引品・特売商品は除く)最長3年間、1割引でご 購入いただける大胆な(利幅の少ない自然食品はこれが精一杯なのです)サービスを、応募は初回50名様までとさせていただき実施いたしました。

尚、現在はこちらのキャンペーンは実施していません。ご了承ください。
 

食育支援キャンペーン ささやかなお願い

対象年令は0歳から3歳になられるまでとし、最長3年間とさせて頂きます。(次のお子様が誕生された場合は延長頂けます)

1ヶ月に、食品その他を含めて最低限1万5千円のご購入をお願い致します。(ご旅行などで購入が無い場合は前もってお知らせ下さい)また、様々なコースから選択できる宅配サービスなども行っておりますので、ご相談ください。

一家族ごとの契約となりますので共同購入、また他の方への代理購入はご遠慮願います。

クレジットカードでのお支払の場合は、ひと月のご購入額が2万円以上とさせていただきます。(月払いOK!)

毎日、味噌汁など発酵食品(ヨーグルトよりも日本人は、やはり味噌、醤油、納豆、漬物ですね)を食べて腸をきれいに元気にしましょう。

大根・ごぼう・レンコンなどの根野菜は、タワシでごしごし洗って皮ごと食しましょう。

家庭用洗剤やソープなどは、石油系の物ではなく人と自然に負担のかからない物にしましょう。8)「一流メーカーが作っているから大丈夫」「大手スーパーが売っているから、変なものであるはずがない」という認識をなくしましょう。(安部 司氏著 「食品の裏側」より)

賞味期限が過ぎても直ぐに捨てず、臭いを嗅いでから判断し嗅覚を鍛えましょう。

冷やした飲み物は出来るだけ避け、常温もしくは温めてから頂きましょう。ビールも喉ごしで飲むことはやめて、非加熱の酵母が生きたビールにしたいものです。(一度、日本の一般的なビールを常温で飲んでみて下さい、飲めたものではありません)

「余計なお世話だ!」と言われそうなので、この辺で終了致します。 ちなみにお願いは、その2・3くらいです。その他は理想です。 宜しくお願い申し上げます。

この企画に至った理由(興味のある方はお読みください)

飽食の時代が訪れてから数十年が経ち、今の日本は、どこへ行っても食べ物で溢れています。しかし安全で安心できる食品を探すのは、とても難しい時代とも言えます。
それは安さ、便利さを追求し過ぎ、安全性をあまりにも無視して来た事の代償なのかもしれません。

確かに消費者にとって安いことは大変ありがたいものです。また何時間もかけて調理しなくては出来ない料理が、チンして簡単に出来上がったりするのは、まさに時間を安く買っているようなものです。

しかし、その裏に隠れているものを考えたことがあるでしょうか?

農薬で虫害を無くし、科学肥料で生産性を上げて供給量を増やせば、確かに物が安くなります。またそのような農作物を材料に、食品添加物を大量に使い加工品やサプリメントを大量生産すれば、常識では考えられないような破格の商品が出来上がります。

最近とても、面白い本が発売されました。「食品添加物の神様」と言われた、元食品添加物会社のトップセールスマンが書いた、内部告発のような内容の本です。とてもわかりやすく書かれています。(当店でも販売しております)

その中にある、1リットル1000円の醤油と1リットル198円の醤油の話は、知らなかった方には、かなりショックな内容ではないでしょうか。
参考までに申しますが外食では、後者の安い醤油風味の科学調味料が大半です(石油缶18リットルで900円くらいです)。油なども粗悪なものを使い回ししていることがあります。考えただけで恐ろしいです。

ちなみに前者の醤油は、作り始めから商品になるまで自然に熟成させる為に約1年から3年くらいかかります。もちろん材料は国内産の有機大豆や自然塩を使用し、素材まで厳選しています。
作り手に、利益が発生するのは2~3年後ですから、これは生産者に対して感謝し尽くせない気持ちでいっぱいです。自分達の利益よりも「消費者の口に入るものだから、安全なものを」ということを考えて下さっていることがよくわかります。

それに引き換え後者は、製造過程が約1~3ヶ月で素材は格安な輸入品。農薬、遺伝子組み換え作物、ポストハーベスト、そして発酵を早め、味を調整する為等に大量に加えられる食品添加物。この価格差は当然の事と、ご理解いただけると思います。
よく自然食品は高すぎると言われますが、これが適正価格であり、イミテイション食品は安くて当たり前です。ダイヤモンドも本物とニセモノの価格は違うことを考えれば簡単なことです。

話がかなりそれてしまいましたが、最近、特に安全と思わせる表示やチラシ・テレビ・CMが多くなっております。一流メーカーや大手スーパーなど、様々に表現方法を考えるものだと感心させられます。
例えば農産物では「こだわり農法」「生産者の顔が見える野菜」「産地直送・エコ野菜」などなど。また加工品に関しては、「無添加」「無着色」「塩分控えめ」と言う表示を強調したり、「おふくろの味」とか「健康OOO」など、いかにも安全で安心できる食品だと勘違いしてしまいそうです。

正に食の耐震偽装の様な気がしてなりません。
これでは消費者が困惑してしまうのではないでしょうか。

もちろん何を選ぶかは、消費者です。

「何でもいいから安ければよし!」と他のことにお金をかけたい方も少なくないでしょう。ただ、安全なものを求めている消費者に対しては、適正な表示をし、正直に情報公開をするべきではないでしょうか。

最近、慣行栽培(農薬・化学肥料をふんだんに使用する栽培の事)の5割減、7割減という表示は目にすることがあっても、慣行栽培にどれだけの科学的に合成された農薬が使われているのかをご存知の方は少ないと思いますので、ほんの一例を紹介します。 2年程前の調べですが、今も変わっていないでしょう。

各県の主要野菜・果実の農薬使用回数。
(各県のホームページで確認できます)
玉ねぎは北海道で30回、少ない県は鹿児島県の8回。
きゅうりは鹿児島県が70回、千葉県で64回、一番少なくても和歌山県の32回です。
トマトは熊本県がトップで61回、平均しても38回です。
ショートケーキに欠かせない、1週間経ってもカビの生えないイチゴは、奈良県が65回で他県でもだいたい50回前後です。
自治体にもよりますが、1種類の農薬を1回とカウントする県もあります。
(一度に3種類の農薬で3回と数える)

何にせよ、すごい数です。
ちなみに上記は農薬の回数であり化学肥料は含まれておりません。これに加えて野菜たちが直接吸い上げてしまう化学肥料が使用されるのですから、たまりません。いかに有機農産物が希少なのか、お分かり頂けたかと思います。

ただ、すべての農家さんが農薬等を使用したくて使っているわけではありません。ここでは触れませんが、使わざるを得ない事情もあるのです。心ある農家さんを支援するように行政が変わらねばいけない事なのですが……。
環境庁が環境ホルモン(内分泌撹乱科学物質)として疑いがあると指定した67物質のうち42物質は農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤)である、としています。

有機農産物は一般の農産物のように天候悪化でも価格が高騰せず、年間通して価格が余り変動しません。(新物は高いが)1年平均して考えると1~2割、高いくらいです。しかも美味しくて安全です。消費者に買っていただくことで、有機農業は発展するのです。

いつまでも、安い物追いでは、日本の有機農業は頭打ちになってしまいます。少しでもヨーロッパ並みに近づければと思います(日本の有機農産物はまだ、たったの1%未満です)。
まず私たち日本人の安全に対しての意識を変えなくては始まらないのです。

ある大学の調べによると、大きく分けて食に対して無頓着な人は約8割。
関心を持ち何か行動をしている人は約2割だそうです。
医者や薬、またはサプリメントにお金をかける人も多いですが、もう少し有機野菜に回してもらえば、もっと健康に近づけるのです。野菜は大地と太陽から沢山の力(栄養など)を吸い上げて、私たちに生きる力を与えてくれているのです。

よく野菜嫌いの子供が多いと言われますが、決してそんなことは無いと思います。それは農薬と化学肥料で育てられた野菜を幼少期に与えられ、それが野菜の味とインプットされてしまった事により嫌いになるのです。子供は大人のように舌が毒されておらず繊細な為、農薬など拒否するのだと考えます。

実は私がそうでした。幼少期には人参を丸かじりしていたらしいのですが(当時農薬野菜はあまりなかった)、大きくなるとともに野菜が食べられなくなったのです。高度成長期で農薬や食品添加物がてんこ盛りの時代と共に成長期を過ごしてきたのです(歳がばれます)。

でも今は選ぶことが出来る時代です。
どうか子供達に本当の味を教えてあげてほしいのです。

その為にもえころじあは、これからも妥協せずお客様に確かなものを提供してまいりますので宜しくお願い申し上げます。